5円で炭酸水ができる?自宅で簡単に炭酸水を作る方法

 

炭酸水の持つさまざまな効果がメディアに取り上げられて、空前の炭酸水ブームとなっています。

 

そんな炭酸水ですが、いざ買おうと思うと重くて運ぶのが大変ですよね?

 

「家で炭酸水が作れたらなあ・・・。」と思い、炭酸水を簡単に作る方法を調べてみました。

 

 

どんな方法で炭酸水って作れるの?

炭酸水を自宅でも簡単に作れる方法は2つあります。

 

@水にクエン酸と重曹を混ぜて作る
A水にガスを圧入して作る

 

Aに関してはガスを圧入するために炭酸水メーカーを買う必要があります。

 

今回はなるべくお金をかけたくなかったので材料を混ぜるだけでできる@の方法について解説します。

 

 

水とクエン酸と重曹だけでできる炭酸水の作り方

 

準備するもの

炭酸水500mlを作るには以下の材料が必要になります。

 

・水・・・500ml
・クエン酸・・・小さじ1杯
・重曹・・・小さじ1杯
・空のペットボトル・・・2本

     ※小さじ1杯はだいたい4〜7グラムです。

 

たったこれだけでできてしまいます。
「クエン酸はどこで買えるの?」と思うかもしれませんが特別なものはないのでスーパーや薬局で簡単にすべてを揃えることができます。

 

また、水に関してはミネラルウォーターの方が水道水よりもおいしく仕上がるのでおすすめです。

 

なお、ウィルキンソンのような強めの炭酸が好きな方はクエン酸と重曹を少し多めに用意すると良いかもしれません。

 

 

炭酸水を作る手順

1.2本のペットボトルに各々250mlづつ入れる。
  クエン酸と重曹が溶ければよいのでだいたい半分くらいに分けれればオッケーです。
2.クエン酸を片方のペットボトルに入れる。
3.キャップをしてクエン酸が溶けるまで振る。
4.もう片方のペットボトルに重曹を同じように溶かす。
5.クエン酸が入ったペットボトルと重曹が入ったペットボトルを混ぜ合わせる。
   混ぜる際は一気に炭酸が発生してペットボトルからあふれる可能性があるので少しづつゆっくり入れるのがポイントです。
   また、濡れても良い場所で混ぜてください。
6.完成!

 

 

炭酸水をおいしくするために

そのままでは少し味気ないので果汁などを混ぜることによりおいしさがアップします。

 

 

500mlの炭酸水を作るのに掛かった費用は?

 

水道水500ml・・・ほぼ0円
クエン酸5グラム・・・2.98円
重曹5グラム・・・2.11円

 

なんと合計約5円です。めちゃくちゃ安く作れます。
一度試しに作ってみてはどうでしょうか?

 

お子さんと一緒に作ると喜ぶかもしれません。